2005.05.20

払えば良いんだろ?

恐怖の5月も終盤に入ろうとしております。

五月病で精神的に不安定になり。
過酷な不法残業で体力的に不安定になり。
自動車税で経済的に不安定になり。

今日はお休みを頂いて払ってきたぜ、自動車税!
エルグランドが世にデビューして数年。
学生時代に憧れた車を社会人になって購入した感激。
500万の車を自分で買うなんて思ってもいなかったな。
背伸びして買ったら維持費も高くて。
燃費だってハイオクでリッター5kmだし。
税金も高くて悲しいけど払わないわけにいかないし。
それで国民の義務である納税を本日行ってきたわけです。
まぁ¥58000だから大した金額ではないんですけどね。

恐怖の5月もあと10日。
次は結婚式の出費と出産祝いのラッシュ。
何だか出て行くばかりのMy通帳。

珍しく買ってみたジャンボ宝クジが当たると良いけど。
1億円以上当たったら黄色のムルシエラゴでも買おう。
購入に使った¥3000が果たしていくらに化けるのか?
きっと¥300だろうけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.29

ランボルギーニ

lp5000qv.jpg
lp5000qv1.jpg

今さら説明も必要ないスーパーカーの代表「カウンタック」
ランボルギーニという会社の車である。
フェラーリも高級なスーパーカーに違いないのだが
外観の奇抜さで言ったらランボルギーニの車に勝るものは無いと思う。
もちろん現在では生産されておらず10年以上前の車になる。

子供の頃から欲しくて欲しくてたまらないのだ。
気に入った写真が掲載されている雑誌を買い込んだりもしたっけ。
初めて実物を見たのは18歳の頃だと思う。
神奈川の有名スポットに行ったときに黄色いカウンタックが止まっていた。
見てくれと言わんばかりにガルウイングを開けて。
それから何度か見かける機会があった。
初めて触ったのは21歳の時。
アニバーサリーという25周年記念の最終モデルの赤い車体だった。
車屋の駐車場に止まっていたのだが夜中に勝手に入って触っちゃった。
見れば見るほど、触れば触るほど、やはり欲しい。

実はカウンタックと言っても何種類もあるわけだが、その中でも大好きなのが・・・

     カウンタック LP5000QV

カウンタックのクワトロヴァルボーレってやつだ。
スーパーカーというと外装色は赤が主流のようだが僕は黄色か白が好き。
中古でも1000万以上、修理代を含め維持費だけで目が飛び出そうな金額。
それでも欲しいのだ。

結婚するまでは本気で考えていたことがある。
マイホームを買うくらいならボロアパートで良いからカウンタックを買いたい。
給料も全部車に使って週末にドライブするのだ。
ココを見てから思いは強くなった。

実は・・・僕は大学を出て就職して3ヶ月で辞めている。
大手の上場企業に入れば安心だと思っていたが何か違う。
違うと感じた僕は周囲の反対を押し切って1週間後には辞めていた。
その後は色々あり高給で有名な某運送会社に数年勤務した。
もちろん貯金してカウンタックを買うためだ。
縞シャツ着て毎日のように朝から晩まで走った。
大学で25kgくらい太ったけど3ヶ月くらい働いたら25kg痩せてた。
特に忙しいコースだったけど辞めようなんて思った事はなかった。
屋根付き、セキュリティー付きのレンタルガレージも探した。
大人になってもやっぱりカウンタックが欲しかったのだ。
洋服なんてユニクロ以外は持ってなかった。
靴なんて走りやすい1980円の安物しか買わなかった。

・・・でも結婚してしまった。
 
 
 
 
 
その時点でカウンタックの夢は簡単に終わりを告げた。

給料は家族を養うための物へと変わってしまったのだ。

カウンタックはもう買えない。

だから僕は縞シャツを脱いだ。



| | コメント (1) | トラックバック (1)