2005.12.07

ジャンガ・ジャンガ

ジャンガ・ジャンガ・ジャンガ・ジャンガ♪

キモ可愛いコンビとは全く関係ないわけですがジャンガ・ジャンガです。

2ヶ月近くも更新をサボってたのに理由はありません。
いつもの事ながら面倒くさいから。

相変わらず自宅周辺は何かと物騒な出来事が多いわけです。
ゴミの中から携帯や公共料金の明細を発掘したり、
封筒やら書類だけを何者かが持って帰ったり・・・
数年前から度々起こるようになり近所の人もゴミには注意してる感じ。
我が家では両親の家が広い事もあって裏庭で燃やすようにしてます。

仕事の関係で月に何度か父が来て、その度に書類の束を渡す。
別に脱税してるわけでも怪しい書類でも無いんですけどね。
明細だけがゴミの中から無くなるというのは多少怖いですけど。

そこでシュレッダーの購入を以前から検討していました。
偶然にもヤフーオークションのバーゲンで発見。
他にも欲しい物がいくつか出品されるみたいです。

バーゲン開始の午前11時。
PCの時計を秒表示モードに切り替え時刻を標準時間に修正。
開始と同時に目当ての腕時計へアクセスするも完売。
まぁ1点だけの出品なので仕方ないッス。
次に目当てのシュレッダーへ入札。
これは無事に落札して一安心。
予算を2万程度に考えてホームセンターを物色していた所に
ヤフオクバーゲンでの格安出品。こりゃありがたい。

特に気に入った機能としてCDやカードも裁断できること。
書類だけじゃなくてCDを裁断できるなんて(・∀・) イイ!
おまけにクレジットカード等も専用の裁断口が付いてる。
カードなんて滅多に裁断しないけど付いてて損は無いよね。

ためしに不要なパンフレットを挿入・・・
ジュィーン・・・ジャンガ・ジャンガという音と共に粉々になるパンフレット。
ほうほう、これがクロスカットとかいう裁断か。
千切りではなく細かな裁断のためゴミの量も格段に減りそうだ。

年末に向けて不必要な書類を全て裁断してしまおう。
出来る事なら消してしまいたい思い出も・・・。

2005年のヒット商品は多機能シュレッダーとカーボンヒーターで決まり♪
来年は何を買おうかなぁ?
携帯型デジタルオーディオはそろそろ買っても良いかな?
液晶テレビはまだまだ微妙だと思うのは僕だけ?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.03.06

冬から春へ

スノボシーズンも終わりを告げようとしています。
これからの季節、3月から4月はクロダイという魚のハイシーズン。
産卵のために浅瀬へ出てくるため40cmオーバーが釣れます。
ノッコミと言って黒鯛師が最も活気付く季節。
でもタマゴを抱いているから出来るだけリリースして欲しかったり。
そんな葛藤もありつつ釣れるとなると足を運んでしまう・・・。
でも写真だけ撮ってリリースというのが僕のスタイル。
場合によっては持ち帰りますが1匹だけにしています。
まぁ1日に2匹も釣れるなんて事は滅多に無いんですけどね。

さて今月下旬くらいからシーズンに突入すると思われる黒鯛。
各地の著名なスポットは満員御礼になるでしょう。
そこでマイナーなスポットへ足を運ぶわけですが釣れない。
釣れる所は雑誌等で紹介されメジャーになってしまうんだよね。
いつもなら千葉県の内房から南房へ足を運んでいるところですが
今年は外房でも挑戦してみようかと検討中です。

仕事が忙しくて帰るのは終電もしくは終電が無くてタクシーという日々。
休みも日曜日しかないので寝るだけの週末になっているのが現状。
でもこの時期だけは無理をしてでも黒鯛を釣りに行くぞ!
3月よりも4月の方が過去に釣った数は多いけどシーズン初期には
50cmオーバーの大型が出るので今月中に1度、足を運びたい。
釣れたら報告するけど釣れなかったら別の記事を書きますので。
また幼少期~学生時代については暇を見つけて書きます。
あまり書いてしまうと身元判明が怖いので適当に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.07

ビッグエアーは要注意 その2

その1からの続き

サンアルピナ鹿島槍というマイナーなゲレンデを選んだのは先輩Sでした。
白馬付近まで行ってるのにそこかよっっ!
そんな突っ込みもありつつマイナーだからこその素晴らしさを堪能。

良い所は人が少ないという点かな。
日曜日なのにリフト待ちは長くても2、3分でパーク用リフトは待ち時間ナシ。
悪い所は設備がショボい、従業員のマナーが悪い、駐車方法が適当、自販機が少ない
リフトが時間通りに動き始めない、パーク管理が適当、トイレが少ないなど多数。
ボードパークがオープンするまでは普通に滑走して体を温める。
みんな上手になったもんだと関心して泣けてくる。
3人に最初にボードを教えたのは僕だった。
インストラクターのバイトをしている頃だったので時間のある時に教えたんだっけ。

パークリフトのオープン時間になったのでパークへ移動。
小さなテーブルトップが3個と10mくらいの中サイズのキッカーが1個。
公式サイトの写真にあるレールやBOXは無い・・・マジ?
とりあえず今シーズン1回目のゲレンデなので小さなテーブルで遊ぶ。
フォームを注意しながらストレートエアーを繰り返す。
次にスピードを徐々に上げてのエントリーで勘を取り戻す。
さらにオーリーを強くしていって高さを上げていく。
「あの人のエアーが1番高いよね」
こんな声が周囲から聞こえてくると嬉しいのと恥ずかしいのとで楽しめない。
基本的に注目されるとダメというか本番に弱いタイプなので周りの目が気になるのだ。
今回はS先輩がビデオ持参なのでみんなのエアーを動画に収めてチェックした。
自分が想像しているほど綺麗ではなく高さも出ていないと3人が声を揃えて言った。
僕は欠点を自覚しているので予想通り。
ちなみにビデオを撮影した3回のエアーは全て着地失敗(笑)
滑り始めるまえに手を挙げてからエントリーすることにしていたのだが
手を挙げて滑ると「あの人が滑るよ」などという声が耳に入ってくる。
それが聞こえるとドキドキしてダメなのだ。
撮影が終わると普通に飛べるため動画として残った記録は単なる下手糞という結果に・・・。
左腕を痛めた後輩Tは休憩。無謀なチャレンジャーMは中サイズキッカーへ。
やめておけという忠告を無視して列に並ぶ。
Mよ、それは挑戦じゃなくて自殺行為ですよ。
予想していたよりもダメージは少なかったが飛んだ瞬間に死ぬかと思ったそうだ。
滞空時間が長く感じるのでバランスが難しいのだ。
偶然だが安全な転び方で着地して怪我しなかったみたい。よかったね。

最後の3本にしようということで、それぞれが今日の成果を披露した。
後輩Tと同期のMはスピン系、エアー初めてのS先輩はストレートエアー。
僕は高さのあるストレートエアーにした。
中途半端なスピンやグラブよりも高さのあるストレートエアーがCOOLだと思った。
結果はスピン組は満足レベルのようだった。
S先輩はエアーというか雪面を舐めるようにしてギリギリ飛んでる?ようだった。
俺、飛んでた?
いや雪を舐めてましたよ(笑)
マジかよぉ~
そんな会話をしつつ僕は高さだけを意識して飛ぶことにする。
パークには10人程いたのだがみんなダーク系の色のウェアだが僕は赤いジャケット。
何をしても目立ってしまう・・・もちろん転んでも。
僕は8割程度のスピードでエントリーした。
高さを出すために出来る限りのオーリーをして空中へ飛び出す。
無理に力を入れたおかげでバランスを崩した。
リカバリーする余裕もなく背中から着地して頭を打ちゴーグルと帽子が飛んでいった。
久しぶりに危険な着地をしてしまい舌を噛んでしまった。
最後にこれかよ・・・いろんな意味で痛いな。

そういって終わったわけだが今朝起きたら全身筋肉痛で非常に痛い。
予想していた通りオシリが筋肉痛になってて座るのが辛い。
そして首。
筋肉痛のような痛みだが間違いなく最後の失敗エアーが原因だ。
来月も同じメンバーで行く予定だがどうなることやら。
来週も首が痛いようなら病院にでも行っておこうかと本気(と書いてマジと読む)で思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビッグエアーは要注意 その1

さてさて久しぶりの記事になります。
カウンターが回ってますが間違ってどこからか飛んできたのでしょう。
検索サイトから来てツマンネという感想を持った方もいるでしょう。
そんな方には申し訳ないと思いますが自己中心的ブログはこっそり再開します。

待っててくれた数人(そのくらいはいて欲しい)の奇特な方々お待たせしました。
誰も待ってねーよ!という声も聞こえますがまぁいいじゃないですか。

さて再開1発目から誰のためにもならない僕の日記のような記事ですよ(笑)
先週末は大学時代の友人と長野までスノボに行って来ました。
メンバーは先輩S・同期M・後輩T・僕の4人で全員チンポ付き。
新車を購入して嬉しくて仕方ない同期のMをそそのかして車を出させておきました。
いつもなら無条件でというか暗黙の了解で僕の愛車が出動するんだけど。
土曜の夜にMの自宅へ集合し品川を出発。
Mは生意気に品川ナンバーなんて乗っちゃってて自慢されました。
でも君は仕事の都合で品川に住んでるけど元は静岡の田舎モンじゃないか。
短期滞在の予定なのに住民票を移動してまで品川ナンバーにこだわったとか。
そういう考えが思いつくあたりが田舎モン丸出しなんだよと泣けてきました。
僕のエルグランドよりもエンジン音が静かでトヨタ車もいいなぁと実感。
次はアルファードかランクルでも買うか?
いやいや次もエルグランドにしてファーストクラスの乗り心地を堪能しよう。

さて品川を出発して中央道の相模湖ICで降りてからS先輩を拾う。
サークルの先輩なのだが今年は1級建築士に合格してこいつもウキウキ。
しかし携帯の電波が入らない所なので先輩はPHSも持っているということは内緒。
そしてメンバーが揃ったところで車内はアゲアゲムードで出発進行。
BGMは最近マイブームのGood Charlotte(グッドシャーロット)でノリノリ・・・って死語?
朝5時半に長野県サンアルピナ鹿島槍スキー場に到着。
気温はマイナス7度で天気は晴れ。
段取り命のS先輩が持参したレギュラーコーヒーを入れる(笑)
こんな意味のないこだわりのせいで荷物が多かったのか・・・でも美味しい。
マッタリしてから寒いと文句ばかりの後輩Tを起こして着替える。
リフト券を購入して、いざゲレンデへ。

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.02

年賀状で遊ぼう!

お正月に届く年賀状は何気に楽しみだったりします。
誰からどんな年賀状が来てるのか・・・
何度もポストを覗いてる人も結構いるのでは?
そこでどうせなら喜ばれる、笑いの取れる年賀状を送りましょう。
そうそう、これは前回の話の続きになります。

ちなみに僕が出した年賀状で評判が良かったのは・・・

1位、足付きスルメイカ(全長50cm)にマジックで住所書いて切手はホチキス。
2位、アジの開きをニスでコーティングして修正ペン(白)で宛名を書く
3位、白い下敷きに宛名を書いて切手はセメダインで貼る

特に20歳の時に送ったスルメは評判良かったなぁ(笑)
地域によってはあまりの異臭にサランラップに包まれて配達されたそうです。
注意としては切手が剥がれないような工夫と宛名が消えないようにすること。
切手はガーゼに貼ってそれをホチキスで止める。
宛名はマジックで書く前にスルメの表面の白い粉を軽く拭いて落とす。
もちろん定形外なので重さとサイズを量ってあらかじめ切手を購入しておく。
郵便局に持ち込むのは危険なので夜中にポストに入れておく。
これで新年早々楽しいリアクションメールが貴方へ届くはず♪

アジの開きは折れやすいのでニスで表面をコーティングするのは必須です。
ジャガイモも検討しましたが小さいのと腐ってしまう可能性があるので却下。
野球のボール等も面白いかもしれません。

幸いにも僕の年賀状は人気のようで毎年楽しんでもらえるようです。
期待に答えるためにはスルメイカを超える素材を見つけなければ!
アワビの貝殻やティッシュの箱、テレビのリモコン・・・etc
今年はどうしたもんかとスーパーやホームセンターを物色してます。
1通当たりの単価が高いので5人程度の限定で検討中。
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.11.16

スノーボード・ギア

champ.jpg

さて前回はボードを始めるキッカケからお話しました。
今日は使っている道具を書き出してみようかと思います。
どうせ誰も見てないんだから自己満足blogでいいでしょ(笑)

板            GRAY STYLE158 [01/02]
バインディング     FLUX PLATINUM [01/02]
ブーツ          DEELUXE CHAMP Thermo [01/02]
グローブ         ThreeWeather
ウェア          上:Burton 下:FourSquare
ゴーグル        VonZipper[02/03]
その他         SPECIAL BLEND [BackPack]

これが今年も使う俺の道具。
9年間でボード・バイン・ブーツ・グローブは3個目。
ウェア上下・ゴーグルは2着目。
ほとんど買い換えないので流行のアイテムではないかも。
毎年買い換える人も多いけど道具の手入れをしっかりするので
数年は買い換えなくても平気です。
最初は見た目のデザインで決めていた道具も機能で選べるようになって
気に入った物がないと買い換えない主義。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.15

続・スノーボード始めました

助手席を外して布団をひいた俺の愛車1号プリメーラ(平成2年式)
仲間内ではオッサンくさいと評判だったがそこに惚れて買った車だ。
SR20DEというシルビアと同じエンジンで走りも快調。
何よりも5ナンバーのくせに後部座席が広いのが魅力的。
アクセル踏めば余力を残して180kmだって出た(時効)
でも親の車ならまだしも10代の若者(当時ロンゲ)が買う車じゃないな。

そして友人との初ボードの翌週、俺は1人で愛車を運転していた。
行き先は舞子後楽園。
結局5日間、朝からナイターまで1人で滑って車で寝た。
スイングターンだがショートターンも出来るようになった。
最終日のナイターではリフトのオヤジともすっかり顔馴染みになってた。
リフトの運転が終わる時ってオヤジが点検のために最後に乗るんだけど
俺の顔みて「乗っていくか?」って声を掛けてくれた。
朝、リフトに乗る時に「今日で帰ります(笑)」って言ったからかな?
もちろんリフトを降りた時はゲレンデにはオヤジと俺だけ。

「1人で毎日練習してたんだから最後にビシッと決めろよ」

そういって背中を叩いてくれたオヤジの笑顔は今でも覚えてる。
ナイターの締まった雪をエッジで感じながら滑り降りた。
3時間以上かけてゲレンデに1人で行くという行為。
最初は悔しさだったが帰る頃には魅力に感じていた。

もっと上手くなりたい。

それ以来、フリースタイルのボードだが滑る事に重点を置いてきた。
ボードが上手い=スピン等の技が出来る
こんな認識の周りを無視して飛ばずにただ綺麗に滑る・・・
その努力のおかげで大学時代はインストラクターのバイトも出来た。

さすがに9年目で派手なトリックが出来ないというのも恥ずかしいので
今年はエアーやハーフパイプに取り組んでみようかと思う。

今でも練習するなら1人がいいと思う、そんなヒトリストの俺。
スタッドレスを買った愛車3号エルグランドで今年も攻める雪の山。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.12

スノーボード始めました

かれこれ9年目になるスノーボード。
それまではロシニョール愛好家の典型的なスキーヤーでした。
高校の頃はモーグルモデルのブーツに6万くらい平気で出してた。
雪煙をあげながらゲレンデを降りてくる自分に陶酔してたっけ。
そんなアンチボードな僕の周りでボードに浮気する友人が出てきた。
 
   おまえ流行りに流されてるんじゃねーよ
  
   丘の上のサーフィンみたいでかっこ悪いじゃん
  
   あんな流行なんて2、3年で終わるから
 
こう言って絶対にボードなんて履かないと強く決めていたあの頃。
ボードを買いに行くからとお茶の水まで親友に付き合ったのが運命。

所詮ナンパの道具にしかならないであろう物に20万も俺は出せない。
板の他にも全てそろえると当時はそのくらいは必要だった。
でも見てたら欲しくなってしまい結局安いセット品を買ってしまった。
後には引けずウェアーや小物もアルペンで安く仕入れた(泣)
板を買った友人と初めて行ったゲレンデは新潟の舞子後楽園。
もちろんスクールに入って基礎から教えてもらった。
友人は小学生の頃から硬式野球をしていたくらいスポーツ万能。
今では某チームの社会人野球のレギュラーだ。
おれは所詮、学校のバスケ部。
雪に慣れている俺様が全く滑れないという緊急事態に悔しい思いをした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)