« やはり男も化粧水 | トップページ | 昇進と降格 (後半) »

2005.02.27

昇進と降格 (前半)

久しぶりの記事になりますが真面目な話で恐縮です。
僕の勤務している会社は明日から新組織でのスタートになります。
組織改革前ということと月末ということもあり忙しい毎日でした。
早くて終電、通常は途中からタクシーでの帰宅、遅い時は始発で帰宅。
タクシー代なんて当然のように自腹です。
始発で帰ってお風呂に入り御飯を食べてそのまま出社という場合も少なくありません。
睡眠はもっぱら電車の中なので休日の今日は15時間も寝てしまいました。

さて新しい人事になり昇進・降格・部署移動などかなりの変更があります。
次長クラスの降格や平社員から課長になた人、退職した人・・・
僕の場合は社内で騒いだり踊ったりしているせいで部署移動という噂がありました。
殺気だってるフロアなんですが僕のモットーは「仕事は真面目に楽しく」なわけです。

おまえは勘違いしている

結果をだしてれば良いってモンじゃない

黙々と仕事をしているやつを見習え

おまえはモチベーションだけは高いけど・・・

まぁ色々とありがたい指摘を頂きつつ歌って踊って楽しく仕事をしていた2月度。
最後にみんなで飲みに行こうという話になり部長以下全員で居酒屋へ。
新しい組織になったら結果をだして社長と飯を食いに行こう!
そんな話が部長からありましたが笑いながら一言。
「○○(僕)とはこれで最後になるかもしれないけどがんばれよ」
まぁ酒の席での冗談かと思いましたが副部長の話では本当らしい。

N部長の下は大変だぞぉ(笑)

N部長は方向がずれてるから次の職場を探しておいた方がいいぞ(笑)

おまえの同期は次の人事で課長になるぞ

どうやら今度の上司はN部長になりそうな雰囲気。
どうせなら仕事の出来る人の下が良かった。
楽しい雰囲気を作って課の成績・部の成績に貢献したかった。
でも僕が上司を選べないように上司も部下を選べないというのもわかる。
そして25日(金)の夜11時頃に社長から正式な人事発表アリ。
新体制の役職が次々に名前を呼ばれる。
予想通りに昇格した人、偉そうにしてた人が2段階の降格だったり(笑)
年齢的・ポジション的に最後の方に名前を呼ばれる僕はワクワクしてました。
他人の昇進を聞いて「すげーなぁ」とか「ぷぷぷっ」とか思っていたくらい。

ところが!

△△本部△△部の課長に同期のH君の名前が呼ばれました。
この部署はエリート集団の部署で仕事が認められた人のみで構成される所。
誰が見ても納得するような人材が配置され全社員の憧れの部署だったりします。
彼は僕より4歳上で経験も長いけどまさか課長だなんて。
とりあえず2階級の昇格人事で本人が驚いてたのがウケた。
名前を呼ばれても誰も返事をしなくて社長が「ん?いないのか?」って言ったら
「あっ俺だ、ハイッッ!」
あの時のH君の焦った顔は一生忘れないと思う。
おめでとう、H君。
君の上司は仕事も出来るし楽しい人だから毎日が充実していると思うよ。
さすがにH君の上司は笑えるはずもなく「名前を呼ばれたら早く返事しろ!」とでも
言いたげな感じで更に緊張感に包まれる都内某ビルの某フロア内、社長と社員。
H君のおかげでフロア内の空気は割れる寸前の風船のように張り詰めている。

続いて新・課長H君の部下が発表される。
課長補佐、及び△△本部△△部内××を兼任・・・○○!

俺だぁ!

はいっっ!

予想外の出世に驚いたが誰よりも大きな声で返事した。
きっと先ほどのH君よりも変な顔をしていたに違いない。
予想外の課長補佐への昇進と△△本部△△部への配属。
さらに入社当時から憧れていた××のポジションを兼任だなんて。
他フロアの先輩社員も聞いた事のない名前が発表されて不思議そうな顔。
「誰だ誰だ?」といった表情の中、僕は前へ出る。

ふっふっふっ俺様がチミ達の新しい上司ですよ(心の中での笑い)

自慢ではないが僕は成績だけは本当に良かった。
しかし仕事中に歌ったり踊ったりするため軽く見えるらしい。
上司からはイジられキャラとしてオモチャにされつつもある。
そんな僕の新しい上司はこうなった。

同期入社のH課長(良いヤツだが真面目すぎるかもしれない、顔は超男前)
憧れの○○部長(副部長から昇格、元ヤンキー度120%の茶髪だが後輩思い)
予想通りの○○次長(部長から昇格、雰囲気作りが抜群に上手い)
取締役以上は変更なし


後半へ続く

|

« やはり男も化粧水 | トップページ | 昇進と降格 (後半) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62265/3100140

この記事へのトラックバック一覧です: 昇進と降格 (前半):

« やはり男も化粧水 | トップページ | 昇進と降格 (後半) »