« 思い出プレゼント | トップページ | あなたの1000年後~後編~ »

2004.12.27

あなたの1000年後~前編~

あなたの姓って何ですか?
田中?鈴木?佐藤?小林?
それとも「同じ姓はみんな親戚」みたいな珍しい姓ですか?

えーと急に思ったんですけどね・・・
1000年後に君の子孫がこの世に存在していると思いますか?
たしかに血を受け継いだ子孫はいるかもしれない。
でも君の姓を受け継いだ人が1000年後に存在すると思いますか?

良く考えたら姓って消えて無くなる事はあっても新しく生まれる事ってない。
子供が生まれなくて後継者がいない場合。
結婚して今までの姓を捨てて新しい姓を名乗る場合。
他にもあるけど、こうした場合って姓が受け継がれないんだよね。
あくまでも可能性だけど世の中が鈴木だけになるかもしれない。
絶対数の少ない姓を持つ方に女性が多かったとしたら、
結婚して旦那の姓を名乗っちゃえば数少ない姓が無くなっちゃう。
少子化のおかげで同じ割合で人口が減れば珍しい姓の子供も自然と減る。
そのうち絶滅危惧種になっちゃって綾小路とか伊集院とかなんて・・・。

それと同時に鈴木と佐藤の2大勢力が勢いを増して増え続けちゃって。
そのうち日本は鈴木と佐藤しかいなくなっちゃって。
郵便屋さんも配達に困っちゃって。
活躍するのは個体識別番号みたいな住基ネットの番号だけで。
郵便番号の代わりに個人の識別番号を書いたら届いたり。
クラスのドッジボールは 鈴木チーム VS 佐藤チーム になったり。
航空会社もスズキとサトウだけで。
スズキ割引やサトウ割引なんかが発売されて。
自動車業界も大手はスズキとサトウで。
電化製品はスズキも良いけどサトウが安いよねなんて。
いつのまにか珍しかった姓は教科書の中でしか見ることが出来なくて。
鈴木太郎や佐藤太郎、鈴木花子や佐藤花子が沢山いたりして。
渋谷区の住民は鈴木さんだけなのに新宿区の住民は佐藤さんだけだったり。
株式会社鈴木は持ち株会社になって子会社が沢山あって。
株式会社佐藤も持ち株会社になって子会社を増やして。
鈴木証券取引所や佐藤証券取引所は鈴証や佐証と呼ばれて。
株式会社鈴木の子会社が佐証に上場してニュースになったり。
株式会社佐藤の子会社が鈴証を上場廃止になって問題になったり。
鈴木専用カフェや佐藤専用バーも出来て。
遊園地では鈴木DAYや佐藤DAYの入場制限ができて。
ビジュアル系ロックバンドはSUZUKIやSATOHを名乗り。
芸名や源氏名でのみ田中や小林が存在して。
鈴木さんはみんな「天才打者イチローの子孫だ」と自慢して。
佐藤さんはみんな「総理大臣佐藤栄作の子孫だ」と自慢して。
おいおい君は佐藤B作の子孫だろうとイジメにもあって。
なんだと?君は鈴木その子の子孫だろうと言ってみたり。
それからそれから・・・。

だからどうって事は無いんですけど。
1000年後に自分の姓が存在するのかなって急に思ったわけ。
そして日本の中で何種類の姓が残るのかなって。
僕の姓って結構というかかなり珍しい姓だから気になっちゃって。
家族以外で同じ姓の人に会った事が無いし見たこともない。
ネットで検索すると何人かいるみたいだけどさ。

というわけで長くなりそうなので第2章に続きます。

|

« 思い出プレゼント | トップページ | あなたの1000年後~後編~ »

コメント

通りすがりでもコメント嬉しいです、どうも。僕も何度自分の姓を恨んだか。名前が50画以上あるから書くの面倒だし、何かと家の行事に参加しなくちゃいけないし、外で名前呼ばれると知り合いにバレるし。そのおかげでファミレスや回転寿司の順番待ちでは毎回偽名を使う癖が付いてますけど。ネット上で本当の事は書かないようにしてるんですが、このblogだけは事実をありのまま書いてますので良かったら暇な時に覗いてくださいね。

投稿: のっち@管理人 | 2004.12.27 19:23

今年姓を作りたいなと思ったことがあったので書いていきます。
夫の母が2度目の離婚をして、再婚前に最初の夫の姓を名乗っていたので私達夫婦はどの姓をを選ぼうか迷いました。
入籍前だったら迷わず私の家の姓だったんですけどね。
今はとりあえず2度目の父の姓を名乗り続けていますがいずれ変えるかもしれません。
家のしがらみのまったくない新しい姓を名乗りたいです(^^;

投稿: peco*(通りすがり) | 2004.12.27 11:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62265/2381245

この記事へのトラックバック一覧です: あなたの1000年後~前編~:

« 思い出プレゼント | トップページ | あなたの1000年後~後編~ »