« ランボルギーニ | トップページ | 年賀状には要注意! »

2004.11.30

お酒

安い酒は美味い。

僕は個人的にはそう思う。特に日本酒。
ウイスキーは味の違いがわからないし、ブランデーは高くても安くても美味い。
焼酎はそれぞれの好みもあるし原材料も違うから何とも言えない。
ワインなんて日本人にとってブランド物だから味と値段は関係無いし。

親の影響でワインに関しては小さな頃から触れてきた。
だからワイン通の芸能人よりも知ってるし味もわかるつもりだ。
良く芸能人が美味しいと感想を言うがあれは嘘だろう。
飲みなれてない人の美味しいと言う言葉ほどアテにならない物は無い。
僕の中で安くて美味しいワインの代表はアルゼンチン産の銘柄。
フォン・ド・カーヴ・カベルネ・ソーヴィニョン1994(トラピチェ)

たぶん2000円程度で買えるはず。
甘い香りと程よい苦味、力強さもあってお気に入りのワインだ。
ラベルに特徴があるので店頭で見かけた時は購入してみて欲しい。
え?10万以上のワイン?もちろん飲んだ事は無い。

日本酒でいえば大吟醸や吟醸なんてランクがある。
ちなみに吟醸酒と普通の酒の違いは原料に違いがある。
吟醸酒は60%以下に精米した白米を原料に醸造した酒。
60%に精米という事は玄米の40%をヌカとして処理する事。
普段食べている食用精製米は92%というから
吟醸酒という物がいかに贅沢品であるかわかる。
日本酒の鑑評会等で入賞する物は35%以下とも言われる。

原料となる米はもちろん酒用に作られる。
魚沼産コシヒカリやササニシキを使うわけではない。
品種改良も行われており古来からの物の方が美味しいかと
言われればそんなことは無い。
なんでも宮内庁には毎年催事用にと献上される酒があって
古(いにしえ)からの製造法が守られているそうだけれど、味はさてどうだか。
精米技術含め、醸造法は進歩を続けているのだから美味しさで選ぶなら
現代の吟醸酒に勝るものはない。
同じことが古酒にもいえて、そもそもは生ものといって良い日本酒が
時間がたっておいしくなるはずもない。


ラベルやブランド、値段に惑わされずに自分の味を見つけなくては。

酒も、恋も、人生も。

|

« ランボルギーニ | トップページ | 年賀状には要注意! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62265/2012428

この記事へのトラックバック一覧です: お酒:

« ランボルギーニ | トップページ | 年賀状には要注意! »